スマホ ウイルス 対策 ソフトバンク SoftBank

ソフトバンク スマホのウイルス対策について

ソフトバンクのスマホのウイルス対策についてお伝えします。

 

他のキャリアと同様に基本は以下の2つです。

  • 公式マーケットからダウンロードする
  • インストールの前にアクセス許可を確認する

 

公式マーケットとは、iPhoneやAndroid、各携帯キャリアが運営しているアプリの公式ダウンロードサイトの事です。
iPhoneの「App Store」、Androidの「Google Play」、ソフトバンクの「Yahoo! マーケット」などがあります。

 

公式マーケット以外の、例えば一般WEBサイトなどで自由に配信されているアプリをダウンロードすると、
ウイルスに感染する可能性が非常に高くなるので、アプリをダウンロードする際は公式マーケットを利用するようにしましょう。

 

しかし、実は公式マーケットだからといって完全に安心できるわけではありません。
公式マーケットにも危険なアプリが紛れ込んでいる可能性があるからです。

 

それを防ぐには、インストールの前にアクセス許可を確認する事が重要です。
アクセス許可とは、インストールするアプリに対して、自分のスマホのデータにアクセスする許可を与えることです。

 

例えば、地図アプリなら、現在地を地図上に表示する為に位置情報のアクセス許可を求めてきます。
地図アプリが位置情報を求めてくるのは理屈が合いますが、仮にこれが壁紙アプリだったらどうでしょう?
壁紙と位置情報は全く関連性が無いので、何となく怪しいと感じます。
こういう不自然なアクセス許可を求めてくるアプリはインストールしない方がいいでしょう。

 

あとはセキュリティーソフトを導入するのも有効です。

 

SoftBankの公式セキュリティーサービス

SoftBankの公式セキュリティーサービスがあります。
Internet SagiWall(インターネットサギウォール)」というサービスで、
詐欺サイト・フィッシングサイト・不正サイトを事前に検知してくれます。
無料で利用できるのでぜひインストールしておきましょう。

 

この他に「スマートセキュリティ powered by McAfee」というウイルスセキュリティーもあります。
こちらはウイルスのスキャンや削除が可能で、月額300円で利用できます。


スポンサーリンク