スマホウイルス対策 au

auアンドロイドのウイルス対策

auのAndroid端末のウイルス対策として最低限覚えておきたいことは次の2点です。

 

1つ目は、公式アプリサイト以外からアプリをダウンロードしないこと。
アンドロイドアプリは『Google Play』に登録されているアプリでさえウイルスが仕込まれていることが多々あります。それでもアプリを登録する際の審査でかなりの数のウイルス入りアプリが排除されているのです。
ですから『Google Play』や『auスマートパス』などの公式サイト以外からアプリをダウンロードするということは、かなり高い確率で何らかのウイルスがアプリに組み込まれていると考えた方がいいでしょう。

 

もし、どうしてもインストールしたいアプリがあったら提供元が信頼できる企業かどうかだけは最低限確認してください。アンドロイドの設定画面で「提供元不明アプリ」というチェックボックスがあるので、インストールできないように設定しておきましょう。

 

2つ目はアクセス許可の内容を確認すること
アプリをインストールする際には、そのアプリがスマホのどの機能へアクセスするかが表示されるようになっています。現在地、個人情報、連絡先、電話情報などです。インストールするアプリにこれらの情報が本当に必要かどうかを考える習慣をつけてください。
例えば辞書アプリが位置情報や個人情報を求めてきたら不自然ですよね。この様にあまりにも関係のないアクセス許可を求めてくるアプリは怪しいと疑ったほうがいいでしょう。情報を何に使われるかわかりません。ですから少しでも怪しいと感じたらキャンセルボタンをタップしてインストールを中止してください。

 

ちなみに「アクセス許可」は、スマホだとアプリをインストールする直前にしか確認できないのですが、パソコンで『Google Play』にアクセスすれば「アクセス許可」の情報を簡単に確認することができます。

 

auの公式スマホウイルス対策

ウイルスからスマホを守るためにはセキュリティソフトを入れることも有効です。
auには『安心セキュリティパック』という公式ウイルス対策アプリがあります。
このサービスは月額300円でウイルスや悪質なWEBサイトの脅威からスマホを守ってくれるというものです。
詳しくはauの公式サイトをチェックしてみてください。


スポンサーリンク