スマホウイルスの症状【iPhone】

iPhoneのスマホウイルスの症状とは?

iPhoneは基本的にウイルスにかかりません
その理由の1つとして挙げられるのは、iPhoneアプリの公式ダウンロードサイトである『アップルストア』にアプリを登録する際、厳しい審査があるからです。
ハッカーが製作した怪しいアプリはここで弾かれてしまうので、iPhoneのアプリにはウイルスが潜んでいる確率が非常に少ないのです。

 

ハッカーたちはiPhoneにウイルスを送り込むために、WEBサイトなどから「ウイルスに感染しました」と嘘の警告メッセージを表示させ、ウイルス入りのアプリを『アップストア』を通さずにユーザーにダウンロードさせるという手口を使います。
これが主にiPhoneのスマホウイルスと言われている症状です。

 

ですが、これでもiPhoneはウイルスに感染しません。
その理由はiPhoneのプラットフォームであるiOSが、アプリを使用する領域と切り離されているからです。要するにウイルスでiPhoneの全領域を操作することは構造上とても難しいということです。

 

ですが、iPhoneを“脱獄”してしまうとウイルスに感染してしまいます。

 

iPhoneの脱獄とは?

iPhoneでいう“脱獄”とは、アップルで制限している機能を解除することをいいます。iPhoneの制限を解除するとスマホを自由にカスタマイズできるようになるのです。
例えば、ホーム画面を自由にカスタマイズしたり、カメラのシャッター音を消したりなど、他にも色々なことができるようになります。

 

iPhoneの性能がすばらしいのは言うまでもありませんが、どうしても自由度が低いのでこういう裏技を使ってカスタマイズする人が増えています。ですが、彼らは自由を手にいいれるためにセキュリティという最も大事な部分を失ってしまっているのです。


スポンサーリンク