スマホウイルスの症状とは?メールやカメラなど

スマホウイルスの症状とは?メール大量送信

スマホのウイルスの症状で最も多いのが個人情報の流出です。
電話番号やメールアドレス、位置情報、保存されている画像や動画、電話帳に登録してある人たちの個人情報までもが吸い上げられてしまいます。

 

この他には、強制的にアダルトサイトを表示させたり、金銭を要求するメッセージが表示されたりするウイルスもあります。

 

あとは遠隔操作ウイルス。これを仕込まれたスマホは、ウイルスを仕込んだ人間からパソコンで遠隔操作されてしまいます。勝手に電話をかけられたり、大量の迷惑メールを送信されたりと、自分の知らないうちに犯罪行為の踏み台にされる恐れがあるのです。このケースで誤認逮捕されてしまった事例をニュースなどで見たことがありませんか? あれはまったく人事ではないのです。

 

怖い遠隔操作ウイルス!カメラで盗撮も

遠隔操作ウイルスは元々スマホの紛失対策として使われているアプリです。スマホを失くしたり盗まれたりした際に、自宅のパソコンからGPS機能を起動させスマホの位置を特定するためのものです。
しかしこの機能を悪用する輩がいるから困ります。元交際相手のスマホに遠隔操作アプリをこっそりインストールした男が逮捕されたという事例もでています。

 

このアプリが更に恐ろしいのは位置情報だけではなく、カメラやマイクを使って盗撮や盗聴なども行なえることです。しかもカメラが起動していてもスマホの画面には何も表示されません。もしかしたら通話中に耳の穴が盗撮されているかもしれませんよ? という冗談は置いといて、他にも通話履歴やメール、ショートメールの内容も丸見えです。本当に気持ち悪い話ですよね。


スポンサーリンク