盗難防止アプリ ケルベロス 悪用

盗難防止アプリ『ケルベロス』の悪用に注意!

スマホの紛失や盗難の際に役立つ「盗難防止アプリ」をご存知でしょうか?

 

GPS機能を使ってスマホが現在ある位置を地図に表示させたり、
カメラを起動して周囲の風景を撮影したりできるアプリです。

 

こういった機能によってスマホを見つけ出すことができるので非常に人気があります。

 

盗難防止アプリの中でも特に人気なのが「Cerberus(ケルベロス)反盗難」という盗難防止アプリです。
このアプリをスマホにインストールすれば、位置情報や写真撮影のほかにビデオ撮影、会話・通話の録音、電話・メールの履歴情報取得、データ削除など、全ての操作をパソコンから遠隔操作できるようになります。

 

自分で使う分には非常に便利なアプリなのですが、他人に悪用されると非常に危険です。
自分が知らないうちに、悪意のある第三者によってこのアプリをインストールされてしまうと、ケルベロスの機能によって、いつどこへ行って何をしたかなど、あなたの行動が全て筒抜けになってしまうからです。

 

ケルベロスにはアプリがインストールされていることを隠す機能や、カメラのシャッター音を消す機能が付いているので、一度アプリをインストールされてしまうとスマホの持ち主でもなかなか気付くことができません。

 

実際に、ケルベロスなどの盗難防止アプリを使ったストーカー犯罪は起こっています。
職場の同僚や元恋人などによって、スマホに無断でケロベロスをインストールされていたという事件も発覚しています。

 

では、盗難防止アプリを悪用されないためにはどうすればいいのでしょう?

 

盗難防止アプリを悪用されないための対策方法

まず大事なのは、他人にスマホを操作させないことです。
もし、誰かにアプリなどをインストールしてもらう際は、どんなアプリなのかを事前に確認しましょう。

 

それから、画面ロックをかけておくことは勿論、パスワードは誰にも教えないようにしましょう。
また、ロックを解除する時は他人に見られないように注意してください。

 

もし、盗難防止アプリをインストールされているような気がしたら、ウイルス対策ソフトでスキャンしてみてください。
それでも怪しい場合はスマホを初期化しましょう。
初期化とは工場出荷時の状態に戻すことなので、データなども全て消えてしまいます。
ですので、初期化は最終手段だと思ってください。

 

「Cerberus 反盗難」による遠隔操作の動画はこちらの記事でご紹介します。
中古スマホにウイルスの危険はある?


スポンサーリンク