アンドロイド Android ウイルス 感染 症状

Android(アンドロイド)スマホのウイルス感染の症状について

ウイルスは、悪意のあるアプリをスマホにインストールすることによって感染します。

 

アンドロイド用のアプリはiPhone用アプリに比べて、公式マーケットに登録される際の審査がゆるいので、
危険なアプリをインストールしてしまう可能性があるのです。
ですので、アンドロイド端末はiPhoneに比べるとウイルスに感染しやすいと言えます。

 

以下はアンドロイド端末がウイルスに感染したときの主な症状です。

 

個人情報の流出

ウイルスに感染すると、スマホに登録されているデータを全て盗み取られてしまいます。
電話帳に登録してある電話番号やメールアドレス、保存している写真や動画、
GPS情報から現在地や住所、さらにはメールを読まれたり通話を盗聴されたりもします。

 

WEBサイトなどで買い物する人やネットバンキングを利用している人は、
クレジットカード情報や暗証番号など重要なデータを盗み取られてしまい、金銭的な被害に遭うことも多いです。

 

遠隔操作

別の場所からスマホを遠隔操作されてしまいます。
例えば、カメラを起動され写真や動画を盗撮されたり、
メールを送信されたり、電話をかけられたり、有料サービスに勝手に登録されたりなどです。
脅迫メールなどを送信する犯罪の踏み台にされるケースもあります。

 

端末を破壊

スマホを操作できなくするウイルスもあります。
このウイルスにかかると、スマホが再起動を繰り返し操作不能になってしまいます。

 

 

こういった被害に遭わないためにも、Android端末はウイルス対策をするべきでしょう。


スポンサーリンク