スマホ ウイルス 感染経路

スマホウイルスの感染経路とは?

スマホにはパソコンと同様に大事なデータや個人情報が詰まっています。
にも関わらず、パソコンに比べて持ち主のセキュリティー意識が低いので、スマホを狙ったウイルスが年々増加しています。
特にアンドロイド端末は格好の標的になっているので十分に注意しなくてはいけません。

 

このページではスマホがウイルスに感染する経路についてお伝えします。

 

ウイルス入りのアプリで感染

スマホのウイルス感染のほとんどがアプリによるものです。
ウイルス入りのアプリを知らずにインストールしてしまうことで、ウイルスに感染してしまいます。
公式マーケット以外からアプリをダウンロードする場合は、ウイルス入りのアプリの可能性があるので極力避けた方がいいでしょう。

 

ただし、Google Playなどの公式マーケットで公開されているアプリにもウイルスが潜んでいる事があります。
例えば、バッテリーを節約するアプリだと思ってインストールしたら実は個人情報を盗み取るアプリだった、なんて事も実際にありました。
ですので、「公式マーケットだから完全に安全」というわけではないのです。
アプリをダウンロードする際には、アプリの開発者や提供者が信頼できるかどうかを見極める事が重要です。

 

サイト閲覧だけでも感染

サイトを閲覧しただけでもウイルスに感染することがあります。
サイトを開いただけでウイルスに感染するように、悪意のある何者かがWEBサイト自体にプログラムを仕込んでいるのです。
こういったサイトにはアクセスしないことが重要です。
SNSや広告などから誘導させる場合もあるので十分に注意しましょう。

 

サイト閲覧で感染する場合は主に、OSのセキュリティホールが狙われウイルスが侵入してきます。
セキュリティホールを狙われないように、OSは常に新しいバージョンにアップデートしておきましょう。

 

関連ページ:スマホもサイト閲覧でウイルス感染する?

 

メールで感染

メールにウイルス入りにファイルが添付され送られてくることがあります。
誤ってこのファイルを開いてしまうとウイルスに感染してしまいます。
この他には、メールの本文にあるURLから悪意のあるサイトへ誘導する手口もあるので、クリックしないように気をつけましょう。


スポンサーリンク