サイト ウイルス iPhone 見ただけで感染

iPhoneもサイトを見ただけでウイルスに感染

サイトを閲覧しただけでウイルスに感染してしまう被害がパソコンではよくニュースになっていますが、スマホでも同じような被害が起こっています。

 

Android端末でウイルス入りのアプリが自動インストールされる手口を他のページでご紹介しましたが、iPhoneでも被害にあう可能性があるので気をつけなくてはいけません。

 

2010年にはラックというセキュリティ企業がiPhoneやiPadで使われているiOSに脆弱性が見つかったと発表しました。その内容は、特定のサイトを閲覧しただけでiPhoneがウイルスに感染し、乗っ取られる危険性があるという話でした。当時のiOSにはPDFファイルを処理するうえでセキュリティ上に欠陥があったため、ウイルスが仕込まれたPDFファイルにアクセスしただけでiPhoneがウイルスに感染する恐れがあったそうです。
アップルは対応策としてiOSの更新版を同日に公開したので現在この問題は解決されています。

 

この他にも、JavaScriptを使ってウェブサイトを閲覧しているiPhoneユーザーに攻撃を仕掛けるプログラムもあります。ワンクリック詐欺の手口などがそうです。

 

このようにiPhoneをターゲットにしているウイルスやハッカーは現に存在しているので、ちまたでよく言われている「iPhoneだから安心」という考えはもう捨てたほうが良いでしょう

 

サイト閲覧ウイルスの対策方法は下の記事をご覧ください。

スマホのサイト閲覧によるウイルス感染について


スポンサーリンク